シャーロック・ホームズとお食事を : ベイカー街クックブック

著者

書誌事項

シャーロック・ホームズとお食事を : ベイカー街クックブック

ジュリア・カールスン・ローゼンブラット, フレドリック・H・ソネンシュミット共著 ; 堀切大史 [ほか] 共訳

東京堂出版, 2006.7

タイトル別名

Dining with Sherlock Holmes : a Baker Street cookbook

シャーロックホームズとお食事を : ベイカー街クックブック

タイトル読み

シャーロック ホームズ ト オショクジ オ : ベイカーガイ クックブック

大学図書館所蔵 件 / 84

注記

原著第2版の翻訳

監修・監訳: 粕谷宏紀, 野呂有子

その他の共訳者: 茂木健幸, 山本由布子, 亦部美希

参考文献: p338-342

内容説明・目次

内容説明

ベイカー街の名探偵シャーロック・ホームズの物語に登場する料理の数々を、料理研究家でありシャーロッキアンの著者が紹介。約200種におよぶ料理のレシピとともにヴィクトリア時代の伝統的なイギリス料理をホームズの物語に即して再現。

目次

  • 美食家ホームズと彼の時代の英国料理
  • 「基本だよ、わが親愛なるワトスン君」
  • ベイカー街の朝食
  • 「実に独創的なレシピ一覧じゃないか、ワトスン君」
  • サイドボード
  • 追跡中
  • 田舎の宿屋の恐怖
  • 補遺

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ