インターネットフォレンジック : ネット犯罪を解決する電子証拠の収集と分析

書誌事項

インターネットフォレンジック : ネット犯罪を解決する電子証拠の収集と分析

Robert Jones著 ; エディックス訳

オライリー・ジャパン , オーム社 (発売), 2006.7

タイトル別名

Using digital evidence to solve computer crime

Internet forensics

タイトル読み

インターネット フォレンジック : ネット ハンザイ オ カイケツ スル デンシ ショウコ ノ シュウシュウ ト ブンセキ

大学図書館所蔵 件 / 92

内容説明・目次

内容説明

インターネットフォレンジックとは、インターネットという犯罪現場に隠されている手がかりを見つけ出すための手法のことです。現在のインターネットは、悪質なウィルス、スパムメール、クレジットカード番号を騙し盗ろうとするフィッシングサイトであふれています。しかしどんなスパムやWebページにも、発信者に関する情報を突き止めるためのいろいろな手がかりが含まれているのです。本書では、インターネットの中核となる技術、電子メール、Webページ、Webサーバー、ブラウザについてまとめ、悪用方法、残された状況から証拠を収集し、犯人を割り出していく分析方法を豊富なサンプルとともに解説します。ケーススタディとしてフィッシング詐欺、スパムネットワークを取り上げ、実社会で使える事例を解説。またこの分野で議論されている倫理的、法的問題についてもあわせて扱います。ネットワークでの犯罪の解明する「ネットワーク捜査官」になるための必携実践ガイドです。

目次

  • 1章 はじめに
  • 2章 ネームと数値
  • 3章 Eメール
  • 4章 不明瞭
  • 5章 Webサイト
  • 6章 Webサーバー
  • 7章 Webブラウザ
  • 8章 ファイルコンテンツ
  • 9章 人と場所
  • 10章 活動パターン
  • 11章 ケーススタディ
  • 12章 対応策

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ