天下泰平と江戸の賑わい : 江戸期元禄-文化・文政

書誌事項

天下泰平と江戸の賑わい : 江戸期元禄-文化・文政

小和田哲男監修・年表解説

(日本の歴史を見る : ビジュアル版, 7)

世界文化社, 2006.9

タイトル別名

天下泰平と江戸の賑わい : 江戸期元禄文化文政

タイトル読み

テンカ タイヘイ ト エド ノ ニギワイ : エドキ ゲンロク ブンカ ブンセイ

大学図書館所蔵 件 / 56

注記

巻頭総覧: 井沢元彦

時代背景を読み解く歴史年表 (元禄期, 享保・化政期): p102-104, 162-164

主な参考文献: p167

内容説明・目次

内容説明

繁栄を築いた徳川将軍家の真の姿に迫る。

目次

  • 第1章 江戸に花開いた絢爛華麗な町人文化(庶民娯楽として江戸を熱狂させた元禄期の「江戸歌舞伎の開花」;武士と町人の生活文化の融合が「江戸情緒」独特の哀感を醸し出す;堅実経営で豪商として台頭した新興商人の筆頭「三井・住友・鴻池」)
  • 第2章 天下泰平の世を騒がせた男たち(文化繚乱の元禄の世をもたらした将軍「徳川綱吉」の真実に迫る;綱吉に重用され異例の大出世を遂げた側用人「柳沢吉保」の功罪;泰平の世に見事仇討ちを果たす赤穂浪士を率いた「大石良雄」)
  • 第3章 徳川中興の改革に挑んだ君臣の素顔(倹約励行と財政再建に邁進した名君「徳川吉宗」の独裁政治;人情を重んじた大岡裁きの名奉行「大岡越前守」の虚像と実像)
  • 第4章 時代の転換期に現れた異端の為政者(悪評の影に隠された革新的な「田沼意次」の政治手腕を検証する;贅沢と歓楽の限りを尽くし将軍の公家化を極めた「徳川家斉」)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA78079217
  • ISBN
    • 4418062149
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    167p
  • 大きさ
    24cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ