ハンナ・アレントの政治理論 : 人間的な政治を求めて

書誌事項

ハンナ・アレントの政治理論 : 人間的な政治を求めて

寺島俊穂著

ミネルヴァ書房, 2006.8

タイトル別名

Hannah Arendt

ハンナアレントの政治理論 : 人間的な政治を求めて

タイトル読み

ハンナ アレント ノ セイジ リロン : ニンゲンテキナ セイジ オ モトメテ

大学図書館所蔵 件 / 157

注記

参考文献: p249-269

内容説明・目次

内容説明

常に政治理念との格闘の中で形成されたハンナ・アレントの政治思想の根幹とは何か。彼女の伝記的事実と思想とのつながりを照射し、政治理論形成の過程を詳細に追う。

目次

  • 第1章 政治と人間についての考察
  • 第2章 政治思想の形成過程
  • 第3章 国民国家と人権についての省察
  • 第4章 哲学と政治理論の間
  • 第5章 ハインリヒ・ブリュヒャーとの思想的関係
  • 第6章 共和主義的伝統の再生
  • 第7章 人間的な政治の概念
  • 第8章 市民活動の政治理論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA78117451
  • ISBN
    • 4623046737
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xiv, 274, 6p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ