日本の化学の開拓者たち

書誌事項

日本の化学の開拓者たち

芝哲夫著

(ポピュラーサイエンス, 279)

裳華房, 2006.10

タイトル別名

日本の化学の開拓者たち

タイトル読み

ニホン ノ カガク ノ カイタクシャ タチ

大学図書館所蔵 件 / 186

注記

参考文献: p135-139

内容説明・目次

目次

  • 日本の化学は宇田川榕菴によって開かれた—『舎密開宗』
  • 「化学」の語をはじめて使った川本幸民
  • 長崎におけるファン・デン・ブルクの化学伝習—九州諸藩の化学技術
  • わが国最初の化学講義録『ポンペ化学書』
  • 日本の写真術の開祖上野彦馬—『舎密局必携』
  • 日本最初の外国人化学教師ハラタマ
  • 大阪に舎密局が開設される
  • 舎密局から育った日本の化学の開拓者たち
  • 京都舎密局を開いた明石博高
  • 宇都宮三郎がわが国に化学工業を開く
  • 日本の製鉄事業を始めた大島高任
  • 日本の化学の発足に貢献したお雇い外国人たち
  • 日本の化学会を創った人びと
  • 火薬で日本を救った化学者 下瀬雅允
  • 世界ではじめてホルモンを結晶として分離した高峰譲吉
  • 日本の薬学を開いた長井長義
  • うま味の化学成分“味の素”を発見した池田菊苗
  • 最初のビタミンを発見した鈴木梅太郎

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ