生物がつくる「体外」構造 : 延長された表現型の生理学

書誌事項

生物がつくる「体外」構造 : 延長された表現型の生理学

J・スコット・ターナー [著] ; 滋賀陽子訳

みすず書房, 2007.2

タイトル別名

The extended organism : the physiology of animal-built structures

生物がつくる体外構造 : 延長された表現型の生理学

タイトル読み

セイブツ ガ ツクル タイガイ コウゾウ : エンチョウ サレタ ヒョウゲンケイ ノ セイリガク

大学図書館所蔵 件 / 144

注記

参考文献: p299-316

監修: 深津武馬

内容説明・目次

内容説明

ミズグモの巣は体外の肺、ケラの巣穴は拡声器、ゴカイの潜穴はクロマトグラフィーの場。本書は生物がつくる体外構造物の例をとりあげ、その見事な構造や生理的性質を仔細に探っていく。物質やエネルギーの流れを見れば、生物の体だけでなく彼らがつくって利用しているモノまでが、私たちの直感をはるかに超えて、デザイン・機能ともに絶妙に最適化されていることがわかるのだ。これらの構造物について知るとき、改めて進化の創造力の偉大さに感嘆せずにはいられない。進化の手が彫刻する、目に見えない意匠が見えてくる本。温度計や気圧計で「測る」ことさえできる、まぎれもなくそこにある「延長された表現型」のあれこれ。生理学ってこんなに面白かったのか。

目次

  • 生物のあいまいな境界
  • 生物の外側の生理作用
  • 生きている構造物
  • 培養液と走性
  • そして奇跡が起きて…
  • 泥の威力
  • ミミズが土地を耕すと
  • クモのアクアラング
  • 小さな昆虫とダニの巧みな操作
  • コオロギの歌う巣穴
  • 超生物の魂
  • 母なる地球を愛せ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA80757988
  • ISBN
    • 9784622072584
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 333p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ