南の島の自然破壊と現代環境訴訟 : 開発とアマミノクロウサギ・沖縄ジュゴン・ヤンバルクイナの未来

書誌事項

南の島の自然破壊と現代環境訴訟 : 開発とアマミノクロウサギ・沖縄ジュゴン・ヤンバルクイナの未来

関根孝道著

(関西学院大学研究叢書, 第122編)

関西学院大学出版会, 2007.2

タイトル別名

南の島の自然破壊と現代環境訴訟 : 開発とアマミノクロウサギ沖縄ジュゴンヤンバルクイナの未来

タイトル読み

ミナミ ノ シマ ノ シゼン ハカイ ト ゲンダイ カンキョウ ソショウ : カイハツ ト アマミノクロウサギ オキナワ ジュゴン ヤンバルクイナ ノ ミライ

大学図書館所蔵 件 / 96

内容説明・目次

内容説明

三つの訴訟—奄美「自然の権利」訴訟、沖縄ジュゴンNHPA訴訟、沖縄やんばる訴訟—に関係した論稿をあつめ、そこで直面したいくつかの論点について検討したものである。

目次

  • 第1章 だれが法廷に立てるのか—環境原告適格の比較法的な一考察
  • 第2章 法廷に立てなかったアミミノクロウサギ—世にも不思議な奄美「自然の権利」訴訟が問いかけたもの
  • 第3章 沖縄ジュゴンと環境正義—辺野古海上ヘリ基地問題と米国環境法の域外適用について
  • 第4章 沖縄ジュゴンと法の支配—沖縄ジュゴン対ラムズフェルド事件の米国連邦地裁決定訳と解説
  • 第5章 広域基幹林道奥与那線と法的諸問題について—世界的遺産が壊されるしくみと沖縄やんばるへのレクイエム
  • 第6章 沖縄やんばる訴訟控訴審判決と住民訴訟における損害について—いわゆる4号請求における損益相続で違法な行為による利得を控除できるか
  • 第7章 地域森林計画策定と林道事業をめぐる諸問題—沖縄北部地域森林計画事例から見たやんばる破壊と今後の課題について
  • 資料編

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ