日本ナショナリズムの解読

書誌事項

日本ナショナリズムの解読

子安宣邦著

白澤社 , 現代書館 (発売), 2007.3

タイトル読み

ニホン ナショナリズム ノ カイドク

大学図書館所蔵 件 / 117

内容説明・目次

内容説明

本居宣長から橘樸まで日本を作る言説と日本が作る言説と子安思想史の方法的解読作業の新たな成果。

目次

  • 1 日本の固有性と他者の痕跡—宣長における狂気と正気
  • 2 「日本語」の理念とその創出—宣長『古事記伝』の贈り物
  • 3 祭祀国家日本の理念とその成立—水戸学と危機の国家神学
  • 4 国体論の文明論的解体—福沢『文明論之概略』と国体論批判
  • 5 道徳主義的国家とその批判—福沢「智徳論」の解読
  • 6 「日本民族」概念のアルケオロジー—「民族」・「日本民族」概念の成立
  • 7 「民族国家」の倫理学的形成(その一)—和辻倫理学をめぐって・倫理(エシックス)から倫理へ
  • 8 「民族国家」の倫理学的形成(その二)—和辻倫理学をめぐって・昭和日本の倫理学
  • 9 哲学というナショナリズム—「種の論理」・国家のオントロジー
  • 10 東洋民族協和と「国体」の変革—橘樸「国体論序説」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ