割り箸はもったいない? : 食卓からみた森林問題

書誌事項

割り箸はもったいない? : 食卓からみた森林問題

田中淳夫著

(ちくま新書, 658)

筑摩書房, 2007.5

タイトル読み

ワリバシ ワ モッタイナイ : ショクタク カラ ミタ シンリン モンダイ

大学図書館所蔵 件 / 225

注記

参考文献: p202-203

内容説明・目次

内容説明

「割り箸が森林を破壊する」という言説がまかり通る日本。その論拠は「使い捨てだから」だという。でも、本当に割り箸は環境破壊の元凶なのだろうか?森を守る割り箸の役割に光を当て、自称エコロジストの独善的な論理を検証する。最も身近な木材から、中国の森林問題やヨーロッパの木材生産、はたまた日本の森と林業の未来について考える。

目次

  • 第1章 割り箸づくりの現場から
  • 第2章 「もったいない」から生まれた割り箸
  • 第3章 市場を席巻する中国製割り箸
  • 第4章 寄せては返す、割り箸不要論
  • 第5章 国産割り箸に未来はあるか
  • 第6章 割り箸から読み解く環境問題

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA81734310
  • ISBN
    • 9784480063649
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    203p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ