古代メソアメリカ文明 : マヤ・テオティワカン・アステカ

書誌事項

古代メソアメリカ文明 : マヤ・テオティワカン・アステカ

青山和夫著

(講談社選書メチエ, 393)

講談社, 2007.8

タイトル別名

古代メソアメリカ文明 : マヤテオティワカンアステカ

タイトル読み

コダイ メソアメリカ ブンメイ : マヤ テオティワカン アステカ

大学図書館所蔵 件 / 167

注記

参考文献: p250-254

古代メソアメリカ編年表: p36

内容説明・目次

内容説明

ゼロの概念を発明し、文字や天文学を発達させたマヤ文明。山上都市モンテ・アルバン。ローマに匹敵する国際都市テオティワカン。メソアメリカ最大の王国アステカ—。日本人にはなじみの薄い「石器の都市文明」の全貌を明らかにし、文明とは何かを考察する。

目次

  • 序章 世界六大文明としてのメソアメリカ文明
  • 第1章 世界六大文明のなかの「石器の都市文明」
  • 第2章 メソアメリカ最初の文明=オルメカ文明
  • 第3章 究極の石器の都市文明=マヤ文明
  • 第4章 メソアメリカ最古の都市を生んだサポテカ文明
  • 第5章 古典期最大の国際都市=テオティワカン文明
  • 第6章 群雄割拠のなかのトルテカ文明
  • 第7章 アステカ文明と後古典期後期メソアメリカ
  • 終章 メソアメリカ文明とは何か

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ