書誌事項

桃太郎の母

石田英一郎 [著]

(講談社学術文庫, [1838])

講談社, 2007.9

新訂版

タイトル別名

桃太郎の母 : ある文化史的研究

タイトル読み

モモタロウ ノ ハハ

大学図書館所蔵 件 / 177

注記

原本は1966年講談社より"名著シリーズ"の一冊として刊行され、1972年「解説」「年譜」を付して講談社文庫より刊行

タイトルは奥付による

「新訂版 桃太郎の母」解説: 小松和彦

年譜: p323-337

内容説明・目次

内容説明

桃太郎や一寸法師の中に見られる“水辺の小サ子”の背後に潜む母性像の源流を原始大母神と子神にまで遡る。併録の「月と不死」「隠された太陽」「桑原考」「天馬の道」「穀母と穀神」はいずれも、数万年のスパンで人類の精神史を描く、壮大や試みに取り組んだ画期的考察である。口絵図版を追加して復活し、さらに、日本民俗学の第一人者である小松和彦の解説を加えて、名著がここに甦る。

目次

  • 月と不死—沖縄研究の世界的関連性に寄せて
  • 隠された太陽—太平洋をめぐる天岩戸神話
  • 桑原考—養蚕をめぐる文化伝播史の一節
  • 天馬の道—中国古代文化の系統論に寄せて
  • 桃太郎の母—母子神信仰の比較民族学的研究序説
  • 穀母と穀神—トウモロコシ儀礼をめぐるメキシコの母子神

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83010107
  • ISBN
    • 9784061598386
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    378p, 図版xvip
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ