古代史おさらい帖 : 考古学・古代学課題ノート

書誌事項

古代史おさらい帖 : 考古学・古代学課題ノート

森浩一著

筑摩書房, 2007.10

タイトル別名

古代史おさらい帖 : 考古学古代学課題ノート

タイトル読み

コダイシ オサライチョウ : コウコガク コダイガク カダイ ノート

大学図書館所蔵 件 / 84

内容説明・目次

内容説明

学界で「通説」となっているものの中にも根拠の脆弱なものはある。古代史を考える上で必要なものの見方を、「土地の見方」「年代の見方」「『人』の見方」の三部に分けて解説。「ぼくの古代史についてのまとまった発言は、多分この書物で終りになるだろう」という著者渾身の一冊。

目次

  • 第1章 土地の見方(海道と島々を考える;変貌する河内と摂津—国産み神話の鍵)
  • 第2章 年代の見方(時間をどう記述したか;銅鏡の「年代」をめぐって;諸所に刻まれた年号;「暦」はどのように使われたか)
  • 第3章 「人」の見方(『古事記』の構造;倭人=「呉の太伯」の後裔伝承の重要性;複数の「倭人」の存在;南九州を考える;海を渡る倭人たち)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ