書誌事項

国際金融危機の経済学

ジャン・ティロール著 ; 北村行伸, 谷本和代訳

東洋経済新報社, 2007.11

タイトル別名

Financial crises, liquidity, and the international monetary system

タイトル読み

コクサイ キンユウ キキ ノ ケイザイガク

大学図書館所蔵 件 / 200

注記

原著 (N.J. : Princeton University Press, c2002) の全訳

参考文献: 巻末p11-28

文献: p181-182

内容説明・目次

目次

  • 第1章 新興市場危機と政策対応
  • 第2章 経済学者の観点
  • 第3章 議論の概要および主要点
  • 第4章 閉鎖経済における流動性およびリスク管理
  • 第5章 市場の失敗の識別—債務国は一般の借り手と同じか
  • 第6章 重複代理人および共通代理人設定から導かれる含意
  • 第7章 国際金融制度への含意—IMFの役割とは何か
  • 第8章 結論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ