使ってみたい武士の日本語

書誌事項

使ってみたい武士の日本語

野火迅著

草思社, 2007.9

タイトル別名

武士の日本語 : 使ってみたい

タイトル読み

ツカッテミタイ ブシ ノ ニホンゴ

大学図書館所蔵 件 / 104

この図書・雑誌をさがす

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

つい百五十年前まで日本を覆っていた「武士の世」で話されていた、味わい深い言葉の数々。声に出して使ってみれば、日本語本来の豊かさ・面白さが身にしみる。卒爾ながら(突然のことで失礼ですが)、それは重畳(大変けっこうなことだ)、異なことをいう(また妙なことを)、これはしたり(これは驚きだ)、念には及ばない(確認するまでもない)…。会話で・メールで・手紙文で、ひとことうまく使ってみたい「極上の日本語」を紹介する。

目次

  • 1章 武士の決まり文句
  • 2章 春夏秋冬が薫る言葉
  • 3章 武家社会の言葉—切腹という「しきたり」
  • 4章 武家社会の言葉—敵討という「義務」
  • 5章 剣術の醍醐味を伝える言葉
  • 6章 行動・しぐさを表す言葉
  • 7章 人物を評する言葉
  • 8章 酒と色を語る言葉

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83446576
  • ISBN
    • 9784794216366
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    237p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ