純潔の近代 : 近代家族と親密性の比較社会学

書誌事項

純潔の近代 : 近代家族と親密性の比較社会学

デビッド・ノッター著

慶應義塾大学出版会, 2007.11

タイトル読み

ジュンケツ ノ キンダイ : キンダイ カゾク ト シンミツセイ ノ ヒカク シャカイガク

大学図書館所蔵 件 / 229

注記

参考文献: 巻末p5-32

内容説明・目次

内容説明

わたしたちが当たり前のように思っている「愛」や「恋愛」は、歴史の産物にほかならない。気鋭のアメリカ人研究者が、日米比較を軸に、近代日本における「愛」の歴史を辿り、日本近代の家族制度、結婚制度、文化の特徴を追究。配偶者選択の意思決定主体、家族形態、夫婦関係の変容を、明治・大正記の書籍・雑誌などにみられる言説から捉え、さらにアメリカの事情との比較から「愛・性・結婚の三位一体」という「ロマンティック・ラブ・イデオロギー」を分析する。比較歴史社会学的アプローチから、日本における友愛結婚の誕生、性規範や親密性の変容、近代家族の成立とそのゆくえを解き明かす。

目次

  • 1 純潔の構造(聖と俗としての恋愛;男女交際・コートシップ)
  • 2 恋愛至上主義の時代(恋愛至上主義の栄光と陥穽;日本における友愛結婚の誕生)
  • 3 「恋愛結婚」と「近代家族」(「恋愛結婚イデオロギー」再考;自我・恋愛・テロス;「家内性の核」の日米比較へむけて)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ