書誌事項

警官の血

佐々木譲著

新潮社, 2007.9

  • 上巻
  • 下巻

タイトル別名

The policeman's lineage

タイトル読み

ケイカン ノ チ

大学図書館所蔵 件 / 102

内容説明・目次

巻冊次

上巻 ISBN 9784104555055

内容説明

帝銀事件が世を騒がせた昭和23年。希望に満ちた安城清二の警察官人生が始まった。配属は上野警察署。戦災孤児、愚連隊、浮浪者、ヒロポン中毒。不可解な「男娼殺害事件」と「国鉄職員殺害事件」。ある夜、谷中の天王寺駐在所長だった清二は、跨線橋から転落死する。父の志を胸に、息子民雄も警察官の道を選ぶ。だが、命じられたのは北大過激派への潜入捜査だった。ブント、赤軍派、佐藤首相訪米阻止闘争、そして大菩薩峠事件—。騒然たる世相と警察官人生の陰影を描く、大河小説の力作。
巻冊次

下巻 ISBN 9784104555062

内容説明

過激派潜入の任務を果たした民雄は、念願の制服警官となる。勤務は、父と同じ谷中の天王寺駐在所。折にふれ、胸に浮かんでくる父の死の謎。迷宮入りになった二つの事件。遺されたのは、十冊の手帳と、錆びの浮いたホイッスル。真相を掴みかけた民雄に、銃口が向けられる…。殉職、二階級特進。そして、三代目警視庁警察官、和也もまた特命を受ける。疑惑の剛腕刑事加賀谷との緊迫した捜査、追込み、取引、裏切り、摘発。半世紀を経て、和也が辿りついた祖父と父の、死の真実とは—。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83791960
  • ISBN
    • 9784104555055
    • 9784104555062
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ