書誌事項

社会学のアリーナへ : 21世紀社会を読み解く

友枝敏雄, 厚東洋輔編

(シリーズ社会学のアクチュアリティ : 批判と創造, 3)

東信堂, 2007.11

タイトル別名

The sociological arena

タイトル読み

シャカイガク ノ アリーナ エ : 21セイキ シャカイ オ ヨミトク

大学図書館所蔵 件 / 152

注記

文献: 各章末

収録内容

  • モダニティの社会学理論 : ギデンズを中心にして / 友枝敏雄 [著]
  • 社会学と社会システム論 : システムとその「外」 / 馬場靖雄 [著]
  • 社会学理論と社会病理 : 観察のモダンとポストモダン / 花野裕康 [著]
  • 近代社会学の成立 : 一九世紀フランス社会学の事例から / 竹沢尚一郎 [著]
  • フィールドワークから社会学理論の形成へ : 社会学の伝統再考 / 飯嶋秀治著 [著]
  • 生活政治の社会学 : 支援社会を求めて / 今田高俊 [著]
  • 社会学と資本主義 : 生活構造論の革新 / 室井研二 [著]
  • 社会学から見たグローバル化・地域統合・国家 : 現代フランスの変貌を事例として / 梶田孝道 [著]
  • グローバリゼーションと人間の安全保障の興隆 / 内海博文 [著]
  • グローバリゼーションと社会学の未来 / 厚東洋輔 [著]

内容説明・目次

内容説明

世紀の幕開け、変貌し続ける世界にあって社会科学が学として立つべき場所(=アリーナ)はどこか?ポストモダン論、グローバリゼーション論等、近代知の没落を告げる言説が交錯する中、社会学の固有性と今日における存在理由を追求する。

目次

  • 序章 モダニティの社会学理論—ギデンズを中心にして
  • 第1章 社会学と社会システム論—システムとその「外」
  • 第2章 社会学理論と社会病理—観察のモダンとポストモダン
  • 第3章 近代社会学の成立—一九世紀フランス社会学の事例から
  • 第4章 フィールドワークから社会学理論の形成へ—社会学の伝統再考
  • 第5章 生活政治の社会学—支援社会を求めて
  • 第6章 社会学と資本主義—生活構造論の革新
  • 第7章 社会学から見たグローバル化・地域統合・国家—現代フランスの変貌を事例として
  • 第8章 グローバリゼーションと人間の安全保障の興隆
  • 終章 グローバリゼーションと社会学の未来

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA84006229
  • ISBN
    • 9784887137943
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 322p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ