書誌事項

数の理論

A‐M. ルジャンドル [著] ; 高瀬正仁訳

海鳴社, 2007.12

タイトル別名

数の理論

Théorie des nombres

タイトル読み

スウ ノ リロン

大学図書館所蔵 件 / 87

注記

原著Essai sur la théorie des nombres第3版の翻訳

著者の肖像あり

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

フェルマからオイラー、そしてラグランジュへと流れる17、8世紀の数論の大河を名手ルジャンドルが活写。

目次

  • 序論 数に関する一般的諸概念
  • 第1部 不定解析に関するさまざまな方法と命題の解説(連分数;一次不定方程式の解法 ほか)
  • 第2部 数の一般的諸性質(素数に関する諸定理;tとuは互いに素とするとき、式t2+au2の約数に適合する形状の研究 ほか)
  • 第3部 三個の平方数に分解可能と見なされる数の理論(三平方形状の定義。この形状が適合しうる、もしくは適合しえない平方的数と平方的約数;数cの三平方形状と式t2+cu2の三平方約数との対応 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA8405102X
  • ISBN
    • 9784875252450
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxiv, 492p
  • 大きさ
    27cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ