非西欧圏の経済学 : 土着・伝統的経済思想とその変容

書誌事項

非西欧圏の経済学 : 土着・伝統的経済思想とその変容

八木紀一郎責任編集

(経済思想, 11)

日本経済評論社, 2007.12

タイトル別名

非西欧圏の経済学 : 土着伝統的経済思想とその変容

タイトル読み

ヒセイオウケン ノ ケイザイガク : ドチャク・デントウテキ ケイザイ シソウ ト ソノ ヘンヨウ

大学図書館所蔵 件 / 168

注記

注, 参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

経済学はもはや欧米諸国の独占物ではない。日本および台頭著しい中国、インド、そしてイスラムの伝統的経済思想の根源に迫り、これからの可能性の中心を展望する。

目次

  • 第1章 土着・伝統的思想と経済学—アジアの古典から学ぶ経済システムの展望
  • 第2章 西欧経済思想導入以前の日本経済思想
  • 第3章 江戸期における「常平倉」「社倉」論—太宰春台と中井竹山の「厚生」的「経済」思想
  • 第4章 中国の伝統的経済思想
  • 第5章 中国の近代化と経済思想—経済学における西学東漸
  • 第6章 イスラムの経済思想
  • 第7章 マハートマ・ガンディーの経済思想—チャルカー運動の再評価

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA84317783
  • ISBN
    • 9784818818897
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxii, 338p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ