書誌事項

ジャズに生きた女たち

中川ヨウ著

(平凡社新書, 406)

平凡社, 2008.1

タイトル別名

ジャズに生きた女たち

タイトル読み

ジャズ ニ イキタ オンナ タチ

大学図書館所蔵 件 / 83

注記

参考文献・ウェブサイト: p222-223

内容説明・目次

内容説明

アフリカン・アメリカンであること、そして男社会のジャズ界で女性であること。本書に登場する女たちは、そんな“二重のマイノリティ”として音楽人生を生きた。ジャズという音楽が何を背負ってきたか、彼女たちの生き方は静かにそれを語ってくれる。輝きと闇、強さと弱さ—。八人のジャズ・ウイメンの音楽と人生を描く。

目次

  • 第1章 サッチモにジャズを教えた女性—リル・ハーディン・アームストロング
  • 第2章 ブルーズの女帝—ベッシー・スミス
  • 第3章 ビッグバンドからビ・バップの温床へ—メアリー・ルー・ウィリアムス
  • 第4章 レディ・デイの足跡—ビリー・ホリデイ(1)
  • 第5章 奇妙な果実の嘘—ビリー・ホリデイ(2)
  • 第6章 ファースト・レディ・オブ・ソング—エラ・フィッツジェラルド
  • 第7章 ビ・バップを擁護した男爵夫人—パノニカ・ド・ケーニグスウォーター
  • 第8章 ジョン・コルトレーンの遺志をついで—アリス・コルトレーン
  • 第9章 “日本人のジャズ”の自覚と追求—穐吉敏子

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ