書誌事項

ヨーロッパ市民とは誰か : 境界・国家・民衆

エティエンヌ・バリバール著 ; 松葉祥一, 亀井大輔訳

平凡社, 2007.12

タイトル別名

Nous, citoyens d'Europe? : les frontières, l'État, le peuple

ヨーロッパ市民とは誰か : 境界国家民衆

タイトル読み

ヨーロッパ シミン トワ ダレ カ : キョウカイ・コッカ・ミンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 191

注記

原著 (Paris : Éditions La Découverte, 2001) の全訳

内容説明・目次

内容説明

市民権とは何か、民衆の主権とは何か、民主主義とは何か—実践的テーマを通して理論的問題を考察し、理論的問題の考察から実践的テーマを考える、バリバール特有のスタイルに貫徹されたアクチュアルな十二章。

目次

  • ヨーロッパの諸境界で
  • 第1部 国家共同体主義の危機(国家人—国家形態についての人類学的素描;アイデンティティ/規範性;市民の権利かアパルトヘイトか;共同体なき市民権?)
  • 第2部 境界の暴力、境界なき暴力(共産主義の後のヨーロッパ;世界の諸境界、政治の諸境界;暴力とグローバリゼーション—開明性の政治は可能か;未完の市民権に向けて)
  • 第3部 ヨーロッパにおける民衆の力と市民権の未来(「ヨーロッパに国家は一つもない(Es gibt keinen Staat in Europa)」;市民のヨーロッパ;主権論序説;困難なヨーロッパ—民主主義の建築現場)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ