フランス帝国主義と中国 : 第一次世界大戦前の中国におけるフランスの外交・金融・商工業

書誌事項

フランス帝国主義と中国 : 第一次世界大戦前の中国におけるフランスの外交・金融・商工業

篠永宣孝著

春風社, 2008.2

タイトル別名

フランス帝国主義と中国 : 第一次世界大戦前の中国におけるフランスの外交金融商工業

タイトル読み

フランス テイコク シュギ ト チュウゴク : ダイイチジ セカイ タイセンマエ ノ チュウゴク ニオケル フランス ノ ガイコウ キンユウ ショウコウギョウ

大学図書館所蔵 件 / 111

注記

史料・参考文献一覧: 巻末p22-58

内容説明・目次

内容説明

他の列強にくらべ輸出競争力のないフランスは、いかに中国へ侵入していったか?政府・銀行・企業の第一次史料から、利権争奪の交渉過程と結果を跡づけ、国際比較・分析することで、その独自性を浮かびあがらせる。従来の研究の空白を埋め、帝国主義像に新たな視座を拓く。

目次

  • 1 フランス商業・工業・銀行の中国市場進出(一九世紀後半におけるフランス商工業の中国市場進出;第一次世界大戦前のフランス工業の国際競争力)
  • 2 フランス金融外交と中国(日清戦争後の中国賠償借款とフランス資本;中国におけるフランス金融外交と銀行資本)
  • 3 中国におけるフランス鉄道帝国主義(京漢鉄道建設とフランスの外交・金融協力;〓(べん)洛鉄道建設とフランスの外交;山西鉄道建設とフランスの外交・金融協力;雲南熱洞建設とフランス帝国主義)
  • 4 中国興業銀行の設立とフランス金融帝国主義(第一次世界大戦前のフランス銀行業の発展と資本輸出;中国興業銀行の創立とフランスの極東政策;中国興業銀行の発展)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ