書誌事項

遺伝子には何ができないか

レニー・モス著 ; 長野敬, 赤松眞紀訳

青灯社, 2008.2

タイトル別名

What genes can't do

タイトル読み

イデンシ ニワ ナニ ガ デキナイカ

大学図書館所蔵 件 / 111

注記

参考文献: p320-335

内容説明・目次

内容説明

著者は現代の遺伝子観を、遺伝子Dと遺伝子Pのつぎはぎ合成として鋭く衝き、特に癌の問題を「生命の技術的哲学」の立場から見直している。遺伝子DNAの情報的資源に加えて、細胞の動態や遺伝子産物の後成的な修飾を、同等の資格をもつ資源と見る、単なる外野からの遺伝子還元論批判を超えた、これからの研究の主流にとっても示唆に富む提言。

目次

  • 第1章 遺伝子の起源(遺伝子—混成遺産を収めた一風変わったポートフォリオ;今日の存在論 ほか)
  • 第2章 修辞法の生命と生命の修辞法(遺伝子Pか遺伝子Dか;遺伝子Pと遺伝子Dのつぎはぎ修辞法 ほか)
  • 第3章 遺伝子には何ができないか(シュレディンガーを本気で考える;不安定な境界、動く膜、区画の分業 ほか)
  • 第4章 癌と遺伝—過程としての正常と病理(「黒胆汁」から「発生の可能性の狂い」へ;系統発生学的転回以後の腫瘍学 ほか)
  • 第5章 遺伝子の後に(モジュール性、複雑さ、そして進化;DNAにできること ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA84878135
  • ISBN
    • 9784862280190
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 346p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ