漁民の世界 : 「海洋性」で見る日本

書誌事項

漁民の世界 : 「海洋性」で見る日本

野地恒有著

(講談社選書メチエ, 412)

講談社, 2008.5

タイトル別名

漁民の世界 : 海洋性で見る日本

タイトル読み

ギョミン ノ セカイ : カイヨウセイ デ ミル ニホン

大学図書館所蔵 件 / 173

内容説明・目次

内容説明

なぜ田植えのときにイワシを食べるのか。山村でも神事の供え物には海の魚を使うのか。日本文化の基層としての海洋性。村落共同体ともノマドとも異なる漁民たちの「ゆるやかな定住」。知られざる海の生活から見えてくる「もう一つの日本」。柳田国男以来の硬直した日本観の見直しを迫る画期的論考。

目次

  • 序章 「海洋性」を抱く「山島」
  • 第1章 海洋性とは何か
  • 第2章 地先沿岸漁村という世界
  • 第3章 海を求めた日本人
  • 第4章 地先沿岸漁村の交流のかたち
  • 第5章 出漁漁民の移住集落という世界
  • 終章 日本文化の基層としての「海洋性」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ