社会不安障害 : 社交恐怖の病理を解く

書誌事項

社会不安障害 : 社交恐怖の病理を解く

田島治著

(ちくま新書, 725)

筑摩書房, 2008.6

タイトル読み

シャカイ フアン ショウガイ : シャコウ キョウフ ノ ビョウリ オ トク

大学図書館所蔵 件 / 172

注記

参考文献: p203-204

内容説明・目次

内容説明

人間にとって不安とは身近なものである。しかし、それが度を越え、日常生活に支障をきたすまでになった場合、不安障害の可能性が出てくる。とりわけ現代においては、「社会不安障害」(SAD)と呼ばれるものが最も多く、対人恐怖がその症状の典型として現れる。本書は、具体的な症例を紹介しながら、病気としての登場の経緯、治療にあたっての留意点、薬に関する知識などを解説し、この病に悩む人々への一助を提供しようとするものだ。

目次

  • 第1章 社会不安障害とはどういうものか
  • 第2章 病気としての登場の歴史
  • 第3章 症状と診断
  • 第4章 社会不安障害への批判
  • 第5章 社会不安の脳と心のメカニズム
  • 第6章 治療の実際

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA86058631
  • ISBN
    • 9784480064301
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    206p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ