書誌事項

測度と積分 : 入門から確率論へ

M.ツァピンスキ, E.コップ共著 ; 二宮祥一, 原啓介共訳

培風館, 2008.7

タイトル別名

Measure, integral and probability

タイトル読み

ソクド ト セキブン : ニュウモン カラ カクリツロン エ

大学図書館所蔵 件 / 95

注記

原著第2版(2004)の翻訳

参考文献: p270

内容説明・目次

内容説明

本書は、新しい時代の標準となるルベーグ積分/測度論の教科書・参考書である。初歩から本格的な応用までもを網羅しており、確率論と数理ファイナンスに関連する豊富な例を盛り込みながら、わかりやすく丁寧に解説されている。さらに、随所に練習問題が設けられたうえに詳しい解答も付されており、学習者への配慮が十分になされている。

目次

  • 1 動機と準備
  • 2 測度
  • 3 可測関数
  • 4 積分
  • 5 可積分関数の空間
  • 6 積測度
  • 7 ラドン‐ニコディムの定理
  • 8 極限定理

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA86532288
  • ISBN
    • 9784563003807
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 278p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ