表象メディア論講義正義篇

書誌事項

表象メディア論講義正義篇

原宏之著

慶應義塾大学出版会, 2008.7

タイトル別名

正義篇 : 表象メディア論講義

タイトル読み

ヒョウショウ メディアロン コウギ セイギヘン

大学図書館所蔵 件 / 131

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

私たちの日常はますます「画面」の環境に支配されているが、グローバル化の現在、逆説的にも「世界」はますます見え難くなっている。報道・配信は、OECDに縁のある地域(または報道機関が保障のリスクを負わなくてすむような安全地帯)に限られ、それが「世界」として呈示されている。アフリカや太平洋の島で生じた出来事は報道されることなく、出来事としての資格も奪われて、歴史から忘却されていく。特区(フリーゾーン)の工場で働く「奴隷」たちの映像は流れないが、その「奴隷」たちが生産した衣服や小物はPRされ続けている。「カメラのない場所」には出来事が生じていないという錯誤があるのである。いま世界で何が起きているのか?その事実や精確な情報を得る術を学び、グローバル化する世界とマスメディアの報道する“創られた世界像”を捨象し、オルタナティブな世界像を考える契機を提供する。

目次

  • Introduction ご冗談でしょう、きょうの世界?—1000兆円の債務残高で遺書を残して死んだ政治の物語
  • 第1回講義 長い歴史の後の“正義”を問うための導入
  • 第2回講義 わたしたちの世界の実相—ネオリベラリズムと監視—管理社会
  • 第3回講義 世界はどこにあるのか?—怒りとパロディ
  • 第4回講義 「世界」と米国—米国というもうひとつの世界
  • 第5回講義 『ゆきゆきて、神軍』にみる証言の構造
  • 第6回講義 証言・記憶・トラウマ
  • 第7回講義 正義・法・暴力
  • 第8回講義 想像力、呼びかけ、赦し
  • 補講 宇宙、生の技芸、縁起

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA86541631
  • ISBN
    • 9784766415452
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 330p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ