書誌事項

占領・復興期の日米関係

佐々木隆爾著

(日本史リブレット, 101)

山川出版社, 2008.8

タイトル別名

占領復興期の日米関係

タイトル読み

センリョウ フッコウキ ノ ニチベイ カンケイ

大学図書館所蔵 件 / 191

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

戦後の日本は、朝鮮戦争の基地となり、日米安保条約(旧)を結び、再軍備をはじめ、防衛力整備計画を繰り返し、世界でも有数の軍事大国に変わった。この変化の基礎にある日米関係を、歴史の脈絡のなかでとらえなおす。

目次

  • 1 日本占領と戦後改革(占領軍による本土改造の方針;占領軍の機構と配置 ほか)
  • 2 朝鮮戦争と日本の「基地国家」化(朝鮮戦争の開始;朝鮮戦争のなかの日本 ほか)
  • 3 サンフランシスコ講和と日米安保条約(サンフランシスコ講和会議への道程;日米安保条約の締結 ほか)
  • 4 経済高度成長政策と岸内閣(インドシナ戦争の終結とロストウ路線;ビキニ水爆実験被爆と原水禁運動 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ