源氏物語の季節と物語 : その類型的表現

書誌事項

源氏物語の季節と物語 : その類型的表現

渋谷栄一著

(新典社新書, 15)

新典社, 2008.8

タイトル読み

ゲンジ モノガタリ ノ キセツ ト モノガタリ : ソノ ルイケイテキ ヒョウゲン

大学図書館所蔵 件 / 59

注記

参考文献: p156-157

内容説明・目次

内容説明

『源氏物語』における出来事は、それぞれの主題にぴったりの季節を選んで描写されていた。春の誕生、夏の恋、秋の離別、冬の寿賀…人間模様に季節を添わせることで、源氏の物語はより情緒の深いものとなる。登場人物たちの生・病・死・恋・別れなどを、季節の描写やその背景との関係から物語を楽しむ一冊。

目次

  • 春—誕生と出逢いの物語(誕生の物語;出逢いの物語)
  • 夏—密通・密会と病気・妊娠の物語(密通・密会の物語;病気・妊娠の物語)
  • 秋—離別・死別の物語(離別の物語;死別の物語)
  • 冬—行幸・参詣と寿賀の物語(行幸・参詣の物語;寿賀の物語)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ