メディア・ルネサンス : 市民社会とメディア再生

書誌事項

メディア・ルネサンス : 市民社会とメディア再生

津田正夫, 魚住真司編

風媒社, 2008.9

タイトル別名

Media renaissance

メディアルネサンス : 市民社会とメディア再生

タイトル読み

メディア・ルネサンス : シミン シャカイ ト メディア サイセイ

大学図書館所蔵 件 / 80

注記

参考文献: 論文末

日本の市民メディア運動略史: p284-287

内容説明・目次

内容説明

私たちがアイデンティティを回復し、公平な世の中を創りだすコミュニケーションとは何か。勃興から成熟へと向かう“市民メディア”の転換期に、多様さを喪失したメディア回復の可能性を探る。

目次

  • 1 あふれ出す“私”の表現(『自己表現』と『違法行為』の境界線—『落書き』と『グラフィティ』をめぐって;“他者”を開くドキュメンタリーの力—映像の「深み」を味わう;カフェ放送とコミュニケーション再生の可能性—映像コミュニケーション「てれれ」)
  • 2 市民メディアの拠点をもとめて(放送するマイノリティ—「放送」の開放がもたらすもの;市民の情報発信とコミュニティ放送—京都コミュニティ放送のパブリック・アクセス;市民テレビ局の成立とNPOの役割—「チャンネルDaichi」の試行;パブリック・アクセス環境の課題—ケーブルテレビ市民番組全国調査から)
  • 3 メディア制度の再編成にむかって(カナダのメディアと多文化主義;米国パブリック・アクセスの伝統とその現在;メディア主体としての市民運動の形成—市民メディア・ネットワークの誕生前史)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ