書誌事項

近代日中関係史断章

小島晋治著

(岩波現代文庫, 学術 ; 206)

岩波書店, 2008.11

タイトル読み

キンダイ ニッチュウ カンケイシ ダンショウ

大学図書館所蔵 件 / 139

注記

『アジアからみた近代日本』(亜紀書房, 1978.11)所収の論考をもとに新たに編集されたもの

内容説明・目次

内容説明

1972年の日中国交正常化以降両国間の交流は大きく進展したが、相互理解と友好的感情は深まっていない。本書は幕末から日中戦争までのいくつかのエピソードを取り上げ、日中両国がアヘン戦争の衝撃をどう受け止めたか、その後の日本と中国の歴史はどのようにからみあい、両国国民はお互いをどう認識したかをさぐる比較近代思想史の試みである。

目次

  • 1 日本人の中国観の変化—幕末、維新期を中心に
  • 2 太平天国と日本—「明治百年」によせて
  • 3 中国人の明治維新観
  • 4 曾根俊虎と岡千仞の杭州・淅江紀行—交流と論争
  • 5 明治日本人の中国紀行
  • 6 民権派の朝鮮・中国観—茨城県の場合
  • 7 「満州」事変(九・一八事変)をめぐる問題
  • 8 台湾籍元日本軍兵士・軍属のこと
  • 9 近代日中関係史の遺産を二十一世紀にどう生かすか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ