書誌事項

野菜が壊れる

新留勝行著

(集英社新書, 0469B)

集英社, 2008.11

タイトル読み

ヤサイ ガ コワレル

大学図書館所蔵 件 / 107

注記

参考資料: p216-217

内容説明・目次

内容説明

今世界の至るところで土壌に異変が起きている。経済発展を支えた石油産業が生み落とし、かつては夢の肥料として歓迎された化学肥料がもたらしたのは、実は自然の連鎖が破壊され、生産力を失った農地。そこにさらに大量の化学肥料と農薬が投入され続けた結果、見かけは美しくとも中身の壊れた野菜、疲弊する家畜、それらの加工食品が、食の安全と人々の健康を脅かしている。でも、まだ間に合う、今しかない。ほんものの農業と生産物の復活のための、再生の道すじとは。

目次

  • 第1章 野菜が壊れていく(栄養のなくなった野菜たち;野菜は腐らない? ほか)
  • 第2章 土の中のみごとな連携、それを壊すのは…(ほんものを見たことがなかった!;植物も呼吸する ほか)
  • 第3章 化学肥料はどこから来たか(化学肥料の普及は国策でもあった;外貨を稼げなかった戦後 ほか)
  • 第4章 そして動物たちが、食品が壊れた(価格破壊という暴力;少品種大量生産、大規模化は工業化 ほか)
  • 第5章 まだ間に合う、いましかない(だれも責められない;始まりは土と農作物 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ