臨床行動分析のABC

著者

書誌事項

臨床行動分析のABC

ユーナス・ランメロ, ニコラス・トールネケ著

日本評論社, 2009.1

タイトル別名

The ABCs of human behavior : behavioral principles for the practicing clinician

臨床行動分析のABC

タイトル読み

リンショウ コウドウ ブンセキ ノ ABC

大学図書館所蔵 件 / 182

注記

監修: 松見淳子

監訳: 武藤崇, 米山直樹

さらに学びたい人のための推薦図書: p315-317

文献: p319-322

内容説明・目次

目次

  • イントロダクション—行動主義という土台の上に:認知/行動療法、行動的心理療法、そして機能的文脈主義
  • 第1部 行動を記述する(問題を行動のカタチ(形態)から捉える—「問題」とは何か?;行動を観察する—いつ、どこで、どれくらい? ほか)
  • 第2部 行動を理解する(レスポンデント条件づけ—古くて新しい原理;オペラント条件づけ(4つの随伴性と消去;刺激性制御) ほか)
  • 第3部 行動を変える(機能分析—行動の分析と優先事項;行動変容へ向けての会話—臨床的な協力関係を築くには? ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA88634664
  • ISBN
    • 9784535983007
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 324p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ