書誌事項

郡山遺跡

長島榮一著

(日本の遺跡 / 菊池徹夫, 坂井秀弥企画・監修, 35)

同成社, 2009.2

タイトル別名

郡山遺跡 : 飛鳥時代の陸奥国府跡

タイトル読み

コオリヤマ イセキ

大学図書館所蔵 件 / 90

注記

その他のタイトルはジャケットによる

郡山遺跡関連年表: p173-175

参考文献: p177-182

内容説明・目次

内容説明

郡山遺跡は仙台市内に所在する古代官衙遺跡。同じ場所に方向を違えて建てられた1期官衙と2期官衙が存在する。長年の調査成果から、1期は城柵、2期は多賀城創建以前の国府の機能を果たしていたと考えられる。とりわけ2期官衙の中心部にある石組池を中心とする遺構群は、当時の都である飛鳥地方のものと類似し、中央政権との強い結びつきが想定される。「地域の個性をあらわすシンボル」「未来を見通す望遠鏡」である遺跡の過去・現在・未来を、最新の発掘データをふまえ、1冊に凝縮する。

目次

  • プレリュード 郡山遺跡の発見
  • 1 集落の形成
  • 2 最古の城柵
  • 3 陸奥国府なる
  • 4 国府の寺
  • 5 郡山と多賀城
  • ヴァリエーション 郡山遺跡からの問い

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 日本の遺跡

    菊池徹夫, 坂井秀弥企画・監修

    同成社 2005.8-

    所蔵館1館

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89108099
  • ISBN
    • 9784886214706
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 185p, 図版 [4] p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ