多言語社会インドネシア : 変わりゆく国語、地方語、外国語の諸相

書誌事項

多言語社会インドネシア : 変わりゆく国語、地方語、外国語の諸相

森山幹弘, 塩原朝子編著

めこん, 2009.3

タイトル別名

多言語社会インドネシア : 変わりゆく国語地方語外国語の諸相

タイトル読み

タゲンゴ シャカイ インドネシア : カワリユク コクゴ チホウゴ ガイコクゴ ノ ショソウ

大学図書館所蔵 件 / 127

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

目次

  • 国語政策における地方語の位相
  • 国立言語センターと言語政策
  • スンダ語の尊重と育成—言語政策における地方語の位相
  • インドネシアの学校教育に見る国語と地方語
  • バリ語‐インドネシア語コード混在と敬語使用の相互作用
  • インドネシア東部の少数言語コミュニティ—「多言語主義」は普遍的価値を持つか
  • 境域の言語空間—マレーシアとインドネシアにおけるサマ人の言語使用のダイナミクス
  • 中国語教室に通う華人—ポスト・スハルト期インドネシア華人にとっての「アスリ」なもの
  • ジャカルタ言語景観における中国語使用と変化のきざし
  • イスラム寄宿塾ゴントルにおけるアラビア語
  • スハルト後の言語状況の変化

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89538983
  • ISBN
    • 9784839602239
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    323p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ