書誌事項

ニッポンの思想

佐々木敦著

(講談社現代新書, 2009)

講談社, 2009.7

タイトル読み

ニッポン ノ シソウ

大学図書館所蔵 件 / 241

注記

参考文献: p345-349

内容説明・目次

内容説明

クラインの壺、脱領土化、天皇論、「悪い場所」論、物語消費、郵便的、動物化—この30年の論壇を読み直す試み。

目次

  • プロローグ 「ゼロ年代の思想」の風景
  • 第1章 「ニューアカ」とは何だったのか?
  • 第2章 浅田彰と中沢新一—「差異化」の果て
  • 第3章 蓮實重彦と柄谷行人—「テクスト」と「作品」
  • 第4章 「ポストモダン」という「問題」
  • 第5章 「九〇年代」の三人—福田和也、大塚英志、宮台真司
  • 第6章 ニッポンという「悪い場所」
  • 第7章 東浩紀の登場
  • 第8章 「動物化」する「ゼロ年代」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ