グローバル化する医療 : メディカルツーリズムとは何か

書誌事項

グローバル化する医療 : メディカルツーリズムとは何か

真野俊樹著

岩波書店, 2009.7

タイトル別名

グローバル化する医療 : メディカルツーリズムとは何か

タイトル読み

グローバルカ スル イリョウ : メディカル ツーリズム トワ ナニ カ

大学図書館所蔵 件 / 211

注記

参考文献: p226-230

内容説明・目次

内容説明

もっともグローバル化が難しいといわれていた医療に、メディカルツーリズムという新しい動きが始まっている。アジアを中心に国家戦略として打ち出し、自国の医療や産業基盤の底上げを図っているのだ。その動きは先進国における医療崩壊と無縁ではない。各国の医療現場を徹底取材し、その実像と問題点を浮き彫りにしてゆく。

目次

  • 第1章 興隆するアジアの医療国家(国策としてのメディカルツーリズム—タイの医療;徹底した個人主義—シンガポールの医療;世界の病院を目指す—インドの医療;日本に学んだ医療制度とその変化—韓国・台湾の医療;広がる地域格差—中国の医療)
  • 第2章 グローバル化する医療(メディカルツーリズムとはなにか;なぜ新興国で医療がグローバル化したのか;メディカルツーリズムから見える医療の抱える難しさ)
  • 第3章 いま、世界の国々の医療は(争点としての医療格差—アメリカの医療;医療費抑制政策による医療崩壊—イギリスの医療;国民皆保険の国で何が起きているのか—フランスの医療)
  • 第4章 医療を支えるものは何か(患者主権へ;労働者としての医師—医療者のアイデンティティ・クライシス;医療政策の難しさ)
  • 第5章 日本の医療の明日—医療を育てるために(医療の二つの方向性;問われる医療の質;医師流出のリスク;いい医療者を生み出すために必要なこと—何が医師や医療者のワークライフバランスなのか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ