薩摩藩士朝鮮漂流日記 : 「鎖国」の向こうの日朝交渉

書誌事項

薩摩藩士朝鮮漂流日記 : 「鎖国」の向こうの日朝交渉

池内敏著

(講談社選書メチエ, 447)

講談社, 2009.8

タイトル別名

薩摩藩士朝鮮漂流日記 : 鎖国の向こうの日朝交渉

タイトル読み

サツマ ハンシ チョウセン ヒョウリュウ ニッキ : サコク ノ ムコウ ノ ニッチョウ コウショウ

大学図書館所蔵 件 / 164

注記

参考史料・文献: p212-213

内容説明・目次

内容説明

離島勤務から本国への帰途、薩摩藩士安田義方ら一行は遭難し、朝鮮に漂着する。安田は、朝鮮王朝の地方官僚らと漢文の筆談によって、現地での待遇と送還について折衝しながら、一方で、酒を酌み交わし、詩文を贈りあい、交流を深めていく。安田が遺した詳細な記録と巧みな挿図から、朝鮮通信使の儀礼的な通交とはまったく違った近世日朝交流のすがたが見えてくる。

目次

  • 第1章 近世日本の朝鮮認識(日朝友好の枠組み;朝鮮漂流記を読む)
  • 第2章 事件のはじまり(咆哮する唐山の海;執拗な事情聴取—文政二年七月三〜七日;うちとける心—七月八〜十二日)
  • 第3章 船を棄てる(衝突と交流—七月十三〜二十一日;別れじたく—七月二十二〜二十六日)
  • 第4章 帰途(一刻千秋の思い—七月二十六〜八月十五日;釜山湾の日々—八月十六日〜文政三年;余聞)
  • おわりに—安田義方「朝鮮漂流日記」から見えること

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ