歴史は「べき乗則」で動く : 種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学

書誌事項

歴史は「べき乗則」で動く : 種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学

マーク・ブキャナン著 ; 水谷淳訳

(ハヤカワ文庫, NF358 . 〈数理を愉しむ〉シリーズ||スウリ オ タノシム シリーズ)

早川書房, 2009.8

タイトル別名

Ubiquity

歴史はべき乗則で動く : 種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学

歴史の方程式 : 科学は大事件を予知できるか

タイトル読み

レキシ ワ ベキジョウソク デ ウゴク : シュ ノ ゼツメツ カラ センソウ マデ オ ヨミトク フクザツケイ カガク

大学図書館所蔵 件 / 131

注記

「歴史の方程式 : 科学は大事件を予知できるか」(2003年刊)の改題、文庫化

原タイトル: Ubiquity

内容説明・目次

内容説明

混沌たる世界を支配する、究極の物理法則「べき乗則」。それは砂山の雪崩、地震、絶滅などの自然現象だけでなく、株価変動や流行といった社会現象にさえ見出せる。自らの発見を可能にした科学の進歩過程にも現われるこの法則を、人為と偶然の蓄積である「歴史」全般に敷衍したとき、私たちが手にする驚くべき洞察とは…統計物理の基本から壮大な応用可能性までを語りつくす、スリリングな科学読本。

目次

  • なぜ世界は予期せぬ大激変に見舞われるのか
  • 地震には「前兆」も「周期」もない
  • 地震の規模と頻度の驚くべき関係—べき乗則の発見
  • べき乗則は自然界にあまねく宿る
  • 最初の地滑りが運命の分かれ道—地震と臨界状態
  • 世界は見た目よりも単純で、細部は重要ではない
  • 防火対策を講じるほど山火事は大きくなる
  • 大量絶滅は特別な出来事ではない
  • 臨界状態へと自己組織化する生物ネットワーク
  • なぜ金融市場は暴落するのか—人間社会もべき乗則に従う
  • では、個人の自由意志はどうなるのか
  • 科学は地続きに「進歩」するのではない
  • 「学説ネットワークの雪崩」としての科学革命
  • 「クレオパトラの鼻」が歴史を変えるのか
  • 歴史物理学の可能性

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA91242720
  • ISBN
    • 9784150503581
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    387p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ