書誌事項

織豊政権と江戸幕府

池上裕子著

(講談社学術文庫, [1915] . 日本の歴史||ニホン ノ レキシ ; 15)

講談社, 2009.9

タイトル読み

ショクホウ セイケン ト エド バクフ

大学図書館所蔵 件 / 185

注記

年表: p370-384

参考文献: p385-388

索引: p390-397

原本は、2002年講談社より刊行

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

信長の黄金の安土築城、商業・貿易促進。秀吉の検地と刀狩と朝鮮出兵。家康の身分固定支配。三代にわたる天下統一・覇権確立の過程とは?その結果、社会構造はどう変化したのか?戦国時代より続いた乱世の中で、民衆はどのように生き抜いたのか?一五六八年の信長の上洛から、一六一五年の大坂夏の陣での豊臣氏滅亡までの半世紀を描きだす。

目次

  • 第1章 「天下布武」をめざして
  • 第2章 都市・流通の世界と信長
  • 第3章 地上の神の挫折
  • 第4章 関白政権の成立
  • 第5章 検地と刀狩
  • 第6章 村の世界
  • 第7章 秀吉の重商政策と都市の発展
  • 第8章 朝鮮出兵と政権の動揺
  • 第9章 江戸幕府の成立
  • 学術文庫版あとがき—時代区分と統一政権

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ