書誌事項

動機の修辞学

ケネス・バーク著 ; 森常治訳

晶文社, 2009.11

タイトル別名

A rhetoric of motives

タイトル読み

ドウキ ノ シュウジガク

大学図書館所蔵 件 / 126

注記

原著 (1950) の翻訳

内容説明・目次

内容説明

「修辞」をキーワードに、アリストテレス、キケロにはじまり、ダンテ、マキアヴェリ、パスカル、シェイクスピア、マルクスらをへて、カフカにいたる、人間の言語によるすべての表現行動を、その根源から解明し、現代思想の源流となった、20世紀を代表する古典。文学だけでなく、言語学、社会学、心理学、文化人類学などを解体再生する姿勢によって、バークオロジー(バーク学)とよぶほかない独創的な体系をきづいたバークの、『動機の文法』とならぶ代表作である。

目次

  • 第1部 修辞の範囲(ミルトンのサムソンの「使用目的」;自殺願望への条件;マシュー・アーノルドにおける自己埋葬 ほか)
  • 第2部 修辞の伝統的諸原則(説得;相手の身元確認;修辞的動機の変異体論 ほか)
  • 第3部 秩序(実証的、弁証法的、絶対的究極用語;マルクス主義的説得における究極的要素;「知識の社会学」対プラトン的「神話」 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB0039347X
  • ISBN
    • 9784794923424
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    440, xiiip
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ