書誌事項

中世を道から読む

齋藤慎一著

(講談社現代新書, 2040)

講談社, 2010.2

タイトル読み

チュウセイ オ ミチ カラ ヨム

大学図書館所蔵 件 / 195

注記

参考文献: p219-225

略年表: p227-235

内容説明・目次

内容説明

積雪、河川の増水、険峻な峠…。交通を制する者だけが乱世の勝者となる!

目次

  • 第1章 路次不自由(古文書は語る;戦国人の時空間;政治・軍事・自然)
  • 第2章 川を渡り、峠を越える(越すに越されぬ利根の流れよ;舟橋を架ける;峠の鬼、そして地蔵)
  • 第3章 道は誰のものか(越境可能な存在;通行を左右するもの;道路を管理する人びと)
  • 第4章 すべての道は鎌倉に通ず?(メインルートは上道;河川交通と陸上交通の結びつき;鎌倉の地位低下、江戸の台頭)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ