書誌事項

市民的自由とメディアの現在

石坂悦男編著

(法政大学現代法研究所叢書, 31)

法政大学現代法研究所 , 法政大学出版局 (発売), 2010.2

タイトル読み

シミンテキ ジユウ ト メディア ノ ゲンザイ

大学図書館所蔵 件 / 207

注記

参考文献: 章末

収録内容

  • 「自由」と「秩序」の法理論 : 新自由主義における「自由」概念 / 高作正博 [執筆]
  • モラル・パニックとメディア : 監視社会における「自由」の論理の衝突 / 津田正太郎 [執筆]
  • 辺野古が問う平和主義 : 民主主義と法治主義の「質」を問う / 高作正博 [執筆]
  • 裁判員制度・民主主義・自由 / 今給黎泰弘 [執筆]
  • 国内人権機関とメディア / 韓永學 [執筆]
  • 東京「日の丸・君が代強制」予防訴訟 / 澤藤統一郎 [執筆]
  • 「有事法制」と市民的自由 : 言論・表現・思想の自由とメディアの帰趨 / 石坂悦男 [執筆]
  • 治安政策とマスメディア : 「安全・安心まちづくり」を手がかりに / 清水雅彦 [執筆]
  • 憲法報道--新聞は憲法をどう報道してきたか : 憲法の平和理念と改憲運動を中心に / 丸山重威 [執筆]
  • 「編集の自由」とは何か : NHK番組改編訴訟最高裁判決を題材に / 韓永學 [執筆]
  • 市場原理主義とメディア、そして市民の自由 : “日経新聞モデル"の検討を通して / 阿部裕 [執筆]
  • 住民の目線に立つ沖縄の基地ジャーナリズムと市民的自由 / 松元剛 [執筆]

内容説明・目次

目次

  • 第1部 現代民主主義と自由(「自由」と「秩序」の法理論—新自由主義における「自由」概念;モラル・パニックとメディア—監視社会における「自由」の論理の衝突;辺野古が問う平和主義—民主主義と法治主義の「質」を問う;裁判員制度・民主主義・自由;国内人権機関とメディア;東京「日の丸・君が代強制」予防訴訟)
  • 第2部 市民的自由とメディアの諸相(「有事法制」と市民的自由—言論・表現・思想の自由とメディアの帰趨;治安政策とマスメディア—「安全・安心まちづくり」を手がかりに;憲法報道 新聞は憲法をどう報道してきたか—憲法の平和理念と改憲運動を中心に;「編集の自由」とは何か—NHK番組改編訴訟最高裁判決を題材に;市場原理主義とメディア、そして市民の自由—“日経新聞モデル”の検討を通して;住民の目線に立つ沖縄の基地ジャーナリズムと市民的自由)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ