文学言語の探究 : 記述行為論序説

書誌事項

文学言語の探究 : 記述行為論序説

石川則夫著

笠間書院, 2010.2

タイトル読み

ブンガク ゲンゴ ノ タンキュウ : キジュツ コウイロン ジョセツ

大学図書館所蔵 件 / 91

内容説明・目次

内容説明

文学を言語において読み解くとはどういうことなのか。文学の言語行為について、「読むこと」「書くこと」といったことを言語認識論的な意味から考え直し、小林秀雄・川端康成を中心に、宮澤賢治・折口信夫・堀辰雄・夏目漱石の評論や小説を論じていく。作品に文学としての力を発動させているものは一体何か。文学の「言語活動」分析から、文学の可能性を改めて考える書。

目次

  • 1 文学言語論の定位と展開(影響と伝達—文学論を制約する二つの言語観;輻湊する“読み”の中で“文学”を定位するもの—“差異化”と“非任意性” ほか)
  • 2 小林秀雄・批評の言語をめぐって(ベルグソン体験の展開;意識と言葉—「Xへの手紙」までの小林秀雄 ほか)
  • 3 川端康成・生動する文学言語(川端文学の言語観—言語不信が要請する言語依存;「伊豆の踊子」その“風景”の発見と“旅”の造形—「山越えの間道」の調査から ほか)
  • 4 記述行為の身体性へ(宮澤賢治『雪渡り』の歌声;折口信夫『死者の書』の“近代” ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB01341449
  • ISBN
    • 9784305705006
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 403, 6p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ