書誌事項

推定有罪

笹倉明著

(岩波現代文庫, 文芸 ; 161)

岩波書店, 2010.3

タイトル読み

スイテイ ユウザイ

大学図書館所蔵 件 / 107

注記

文藝春秋(1996.12)刊の文庫化

内容説明・目次

内容説明

労働者の街(横浜)で起きた殺人事件。やむなき偽りの自白で有罪とされた男の弁護を控訴審から引き受けた若き弁護士が、無実を信じて執念の闘いに挑む。審理を急いで真実の発見を怠る裁判官に、冤罪を訴える被告人と弁護人らの無償の努力は通じたのか。実在の事件をノンフィクション・ノベルとして丹念に描き、裁判員制度の下ではどう裁かれるのかを読者に問いかける。直木賞作家が渾身の筆で描く異色作。

目次

  • 奇妙な事件
  • 協力者
  • 目撃者探し
  • 控訴趣意書
  • 光明
  • 公判と傍聴人
  • 私選弁護団
  • 再考
  • 被告人質問
  • 祈りの日々
  • 波乱
  • 良心の貌
  • 廷の涙
  • 調書の謎
  • ふたたびの波
  • 尋問の壁
  • 取調官の貌
  • 忌避
  • 最終弁論
  • 明暗
  • 淵から

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB0145317X
  • ISBN
    • 9784006021610
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 532p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ