ハプスブルク君主国1765-1918 : マリア=テレジアから第一次世界大戦まで

書誌事項

ハプスブルク君主国1765-1918 : マリア=テレジアから第一次世界大戦まで

ロビン・オーキー著 ; 三方洋子訳

NTT出版, 2010.4

タイトル別名

The Habsburg Monarchy c.1765-1918 : from enlightenment to eclipse

ハプスブルク君主国 : 1765-1918 : マリアテレジアから第一次世界大戦まで

タイトル読み

ハプスブルク クンシュコク 1765 1918 : マリア テレジア カラ ダイイチジ セカイ タイセン マデ

大学図書館所蔵 件 / 137

注記

監訳: 山之内克子, 秋山晋吾

文献案内: 巻末p41-65

内容説明・目次

内容説明

ヨーゼフ二世の皇帝戴冠から第一次世界大戦まで、ヨーゼフ主義、リベラリズム、近代化を手掛かりにその進展過程を丹念に辿り、近代国家が内包する宿命の本質に迫る。最新の研究成果を総覧した新しい歴史解釈。挫折した「近代国家」150年の実像。

目次

  • 第1部 王朝的帝国—一七六五‐一八六七年(ハプスブルク君主国の基礎;ヨーゼフ二世とその遺産;メッテルニヒのオーストリア—外では犠牲多き勝利、内には社会不安;リベラリズムとナショナリズム ほか)
  • 第2部 立憲君主制—一八六七‐一九一八年(リベラリズム;経済、一八六七‐一九一四年;社会と社会運動;ナショナリズム ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB01683974
  • ISBN
    • 9784757140622
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 511, 65p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ