書誌事項

古事談抄全釈

[源顕兼撰] ; 浅見和彦 [ほか] 編

笠間書院, 2010.3

タイトル別名

古事談抄 : 全釈

タイトル読み

コジダンショウ ゼンシャク

大学図書館所蔵 件 / 93

注記

その他の編者: 伊東玉美, 内田澪子, 蔦尾和宏, 松本麻子

主要参考文献: p460-461

文献あり

内容説明・目次

内容説明

『古事談抄』とは、『古事談』巻第二、臣節(しんせつ)からの抜き書き的性格を持つ説話集。『古事談』を用いて新たな作品を作りだしている点で、一つの独立した説話集ということができる書である。底本は穂久迩文庫蔵本。構成は、釈文(読み下し文)、本文、校異、口語訳、語釈、余説、同話・類話、参考文献より成る。完全収録穂久迩文庫蔵『古事談抄』影印。

目次

  • 忠平の檳榔の事
  • 師輔遺誡、不信の輩夭命の事
  • 朝成、大納言を望みて生霊と為る事
  • 道長、伊周の牛の逸物を評する事
  • 道長、遊女を召す事
  • 法成寺金堂供養の日、道長感慨の事
  • 行経、蔵人頭の上に座すの事
  • 隆国、小馬に乗る事
  • 八幡別当清成、宇治殿に参りて飲食の事
  • 俊房、忠実を賞翫する事〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB01872048
  • ISBN
    • 9784305705075
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 516, 4p, 図版 [2] p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ