多元論的自然主義の可能性 : 哲学と科学の連続性をどうとらえるか

書誌事項

多元論的自然主義の可能性 : 哲学と科学の連続性をどうとらえるか

井頭昌彦著

新曜社, 2010.9

タイトル別名

The possibility of pluralistic naturalism

多元論的自然主義の可能性 : 哲学と科学の連続性をどうとらえるか

タイトル読み

タゲンロンテキ シゼン シュギ ノ カノウセイ : テツガク ト カガク ノ レンゾクセイ オ ドウ トラエルカ

大学図書館所蔵 件 / 92

注記

文献表: p[293]-299

内容説明・目次

内容説明

すべての事象は物理科学によって明らかにできる!?従来、「自然主義」とはこのようなものと理解されてきたが、本書はこの理解の誤りをただし、科学主義・物理主義をとらない「多元論的」自然主義という新たな立場を提示して、哲学と科学の関係を考え直すための新しい視座を提供する。「自然主義」とは何か、その可能性を問う。

目次

  • 第1章 自然主義とはどのような立場か—クワインの自然主義規定とその導出経緯(論文「自然化された認識論」の概要;「自然化された認識論」注釈—伝統的認識論の扱い;初期の自然主義規定—論拠と内実 ほか)
  • 第2章 自然主義における存在論的オプションの選択—物理主義的一元論、および代案としての多元論(存在論という問題圏;存在論的オプションとしての物理主義とその位置づけ;物理主義と不確定性テーゼ ほか)
  • 第3章 多元論的自然主義の構築に向けて(パトナムの多元論モデル—概念的多元論と概念的相対性;カルナピアン・モデルの多元論)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB03494892
  • ISBN
    • 9784788512054
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    306p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ