政権交代選挙の政治学 : 地方から変わる日本政治

書誌事項

政権交代選挙の政治学 : 地方から変わる日本政治

白鳥浩編著

ミネルヴァ書房, 2010.10

タイトル読み

セイケン コウタイ センキョ ノ セイジガク : チホウ カラ カワル ニホン セイジ

大学図書館所蔵 件 / 140

注記

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

2009年夏の衆議院議員総選挙において、なぜ自民党は大敗し、民主党への政権交代が起こったのか。はたして選挙区では何が起こっていたのか。1993年の政界再編から現在に至るまでの政治の流れを踏まえたうえで、全国各地の特徴的な選挙区の実態を、第一線の研究者が明らかにする。

目次

  • 政界再編から政権交代へ
  • 第1部 政権交代の主体—候補者(民主党候補者の選挙キャンペーンと競争環境—香川一区・二区;ブームに乗れなかった民主党候補—北海道七区;小泉チルドレンの挑戦—静岡七区、東京五区・一〇区;「保守王国」の崩壊—熊本二区)
  • 第2部 政権交代の構造—地盤・組織(政権交代への期待と躊躇—福岡一〇区;自民党地方組織の現在—富山二区・三区;農業票の行方—宮城四区;「子ども手当」という突風—沖縄三区・四区)
  • あとがき—日本政治のモザイクのピースの研究確立に向けて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ