未来学原論 : 21世紀の地球との対話

書誌事項

未来学原論 : 21世紀の地球との対話

仲小路彰著

国書刊行会, 2010.10

復刻版

タイトル別名

未来学原論 : 21世紀の地球との対話

Globalism : globus intellectualis

タイトル読み

ミライガク ゲンロン : 21セイキ ノ チキュウ トノ タイワ

大学図書館所蔵 件 / 44

注記

原本: 地域文化研究所 昭和43年刊

著者の肖像あり

仲小路彰略年譜: p571-572

仲小路彰主要著作・論文一覧: p573-576

参考文献: p577

内容説明・目次

内容説明

いまだ知られざる歴史哲学者・仲小路彰は、東京帝大哲学科時代、井上哲次郎、姉崎正治、和辻哲郎ら教授陣に「天才」と言わしめた。昭和22年に「未来学」「地球主義(グローバリズム)」という言葉と概念を使い、驚くべき壮大な体系的構想力で21世紀の日本の進路と世界の未来像を描いた。

目次

  • 諸言 「未来学原論」発刊のために—未来学体系の一部とシて
  • 第1部 理論篇(未来文明創造の原型としての日本文化—二十一世紀世界の中核的媒体;未来科学のグローバリズム的構成—文明革命の著導的原理と基本的主題;綜合人間学について—人間革命の全体像のために;現代文明心理研究と未来的心理分析—高次深層心理の問題;未来観哲学の確立—いかになるか(would be)ではなく、いかになるべきか(should be)を予測する未来学の理論的基礎づけ;原子力文明は生存しうるか—恐怖の世紀の呪縛のなかの西欧文明の未来的運命)
  • 第2部 実現篇(二十一世紀の理想と現実—現代総人口の三分の二はすでに二十一世紀人である;地球的人間から宇宙的人間へ—グローバリズムからコスミカリズへ;未来情報世界創造へのデザイン—未来文明の全感覚的触手スペシャリストよりグローバリストへ;破滅か創造かの未来地球像—地球楽園か地球地獄か;新しき地球信仰の照応—信仰の賭けはなされ、そしてそれは確率的に実現する。人類は何に賭けようとするのか)
  • 結びにかえて 明治百年に際しての二つの提案

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB03760307
  • ISBN
    • 9784336053176
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    577p
  • 大きさ
    23cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ